GIRLHOOD

03.12.2008 @
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

C♥0  T♥0

08.22.2005 @ 10:55
天使の卵

天使の卵―エンジェルス・エッグ
天使の卵―エンジェルス・エッグ

 歩太と春妃の出会いは運命的なものであった。夏姫という恋人がいたが、歩太が一目惚れをした春妃は「偶然」にも、彼女の姉だったのだ。
 『天使の卵(エンジェルス・エッグ)』は『春妃〜デッサン』を改題したものであるらしい。改題前のタイトルは、この物語の中心となるキーワードそのものだ。改題した理由は、読者に物語を読むことによって、鍵を自ら握って欲しかった故か。
 歩太はごく普通の青年であり、周りをとりまく環境は多くの人が経験したことのあるものだ。モラトリアム年代の青年の心情をよく描いている。作者の他の作品、「おいコー」シリーズの原点という位置づけもできる作品だ。
 物語の結末は急展開だった。予想のできないものであった。この作品にはのちに発表された「天使の梯子」という続編がある。「天使の卵」がこのような終わり方をしている以上は、気になるところである。
 表現が若い人にも読みやすいので、読書が苦手な人も流れるように読むことができる。
Book  C♥0  T♥0

03.12.2008 @
スポンサーサイト

C♥0  T♥0

COMMENTS

COMMENTS






 

PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
OTOLOG
RANKING
日記

RECOMMENDED
POWERED